様々な感染症・性病の治療に用いられているクラビット

クラビット薬の安全性

 

クラビットは、細菌に対して大変効果が高い抗生物質の医薬品です。

他の抗菌薬と比較すると、副作用が起こる種類やその頻度なども少ないです。

主な効果・特徴をあげていきますと、皮膚感染症や泌尿器感染症、呼吸器感染症、婦人科感染症、歯科感染症、耳鼻科感染症など幅広い部位の感染症の治療に利用されています。
例えば、肺炎や膀胱炎、風邪などのウイルスに高い効果があり、更に性病である「淋病」や「クラミジア」なども早い段階で治療が出来ます。
また、クラビットは、これまでの抗生物質である「ペニシリン系」や「セフェム系」と比較すると、高い抗菌力を持っています。
「ニューキロノン系」と呼ばれている合成抗菌剤なので、多くの細菌に効用があり、睾丸炎や前立腺炎、サルモネラ腸炎、チフスやコレラ、子宮内感染などにも効果があります。

クラビットは、大変即効性があり、治療が難しい感染症や炭疽菌やペストなどにも、殺菌効果があることがわかっています。

クラビットは、内服薬や注射剤、点眼剤などがあります。安全性については、使用用法をきちんと守っていけば、まず問題はありません。
食後に服用するというのが原則になっていて、使用量や使用回数などは医師によって決められているので、それにそって服用します。
このときに、勝手に治ったからと解釈して量を減らしたり、止めてしまったりすると効果が出ないばかりか、折角治りかけていた感染症がひどくなってしまうこともあるので、安全性を守るためにもきちんと服用していくことが大切です。
また、服用する前には病気があるかどうかを医師に伝えておく必要があります。肝臓や、腎臓、脳や脊髄などに重い病気がある人はこの薬は使用出来ません。また、妊婦や小児以下の子供の場合も使用出来ないことがあります。
更に糖尿病にかかっている場合でも、使用は出来なくなっています。

副作用は、少ないといわれている薬ですが、主に次のようなものがあります。
内服薬では、軟便や下痢、腹部の不快感や頭痛、吐き気や食欲の不振、不眠や過敏症などがあります。
また、眼下用材ではかゆみや刺激感などが起こることがあります。他にも、鬱状態になったり、アキレスけん炎や過敏性血管炎、横紋筋融解症、間質性肺炎などが起こることもあるので、服用には十分な注意が必要になります。

他にも発疹やめまい、更に悪寒や冷や汗、呼吸困難や動悸、発熱、黄疸、浮腫、脱力感などが出た場合は、重度のアレルギー反応が出ている恐れもあるので、直ぐに医師に相談しましょう。

▼▼▼クラビットがまとめ買いで安い!▼▼▼
後払いOKの医薬品通販・個人輸入【アイドラッグマート】

  
Copyright © クラビットの通販の情報サイト. All Rights Reserved.