様々な感染症・性病の治療に用いられているクラビット

クラビットの副作用

 

クラビットは従来の抗菌薬よりも抗菌力も強く、様々な細菌にも作用します。

尿路の感染症や呼吸器系統の感染症、皮膚・耳鼻感染症にも用いられ、治療から予防まで幅広く効果を持っています。その他の特徴としては、病巣への移行がスムーズに行われる点もあり、単に飲み薬だけでは効き目が薄かった症状においても有効的に作用します。
これまで治療も難しかった感染症の病気や症状もありますが、そういった難病でもより良い効果を持っています。

用法としては錠剤タイプと細粒タイプがあり、成人の場合は一日2~3回、錠剤なら一錠、細粒なら1gを経口摂取を行います。ただ感染症の種類や症状、程度などによって重篤な場合には、一日3回錠剤なら2錠、細粒なら2gを服用するようにします。

そして副作用については、主なものとしては発疹・腹痛・下痢・嘔吐・頭痛・めまい・不眠といった症状があります。ただ副作用については少ない方で比較的に安全性も優れているお薬です。
しかし悪寒・冷や汗・呼吸困難・動悸・発熱・黄疸・浮腫・脱力感、下痢や腹痛の症状が長く続くなどの違和感を感じたりする場合には、場合によっては命に関わる危険性もあるため速やかに医師の相談を受ける必要があります。
その他に心臓や肝臓に持病がある人、過去にクラビットを利用してアレルギー症状を引き起こしたことがある人にとっては、慎重に処方を検討することが重要です。

子供や妊娠中の妊婦、授乳を行っている方は、副作用の影響を顕著に受ける可能性も高まります。
また決められた用法を守ることも重要で用量についても厳守し、もし服用後に違和感を感じたり、違和感が継続したりする上では、病院での医師の判断を仰いで処方することが適切となります。

▼▼▼クラビットがまとめ買いで安い!▼▼▼
後払いOKの医薬品通販・個人輸入【アイドラッグマート】

  
Copyright © クラビットの通販の情報サイト. All Rights Reserved.